仕事がはかどる!シーラーなら(有)三邦コーポレーション。ファミリー成長記録です。


by 392sealer

<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

秋の香り

三邦のある福岡も、すっかり秋の気配です。

昨日は温帯低気圧に変わった台風16号の影響で、ぐずついたお天気でしたが、
今朝は真っ青な空でした。

会社まで自転車をこぐと、左手に見える福岡市民の憩いの場所・油山の木々がクッキリと視界に入りました。空気が澄んでいる証拠ですね。


会社に着くと、ほのかな香りが…

c0187051_1712297.jpg

(三邦コーポレーションの正面です。ここでもう15年になります)

会社に到着し、自転車を降りるとフワッと甘いにおいが、風に乗ってやってきました。



金木犀です。

お向かいのお宅に小さな金木犀が植えてありました。

c0187051_1734071.jpg


匂いがきついので、それほど好きではなかったのですが、
爽やかな秋風に乗って、ほのかに香ってくた今朝の金木犀は心地よい香りでした。


ちなみに、金木犀は、中国南部の原産で、江戸時代に日本に渡ってきたそうです。

花言葉は、「謙虚、謙遜」だそうです。

この花言葉って、どうやって誰が決めたんでしょうか???


詳細はWikipediaでどうぞ。
花言葉は、「花言葉ラボ」さんのページを参考にさせていただきました。


合掌
次男・卓史


【安価だけど高性能な三邦のシーラー】

仕事はかどる!三邦のシーラーでは、安価で導入しやすいアルミ製卓上シーラーも販売しています。

三邦のシーラーは、国内で約10年の販売実績があります。
安価だけれど、高性能でしっかり使えるシーラーです。

【三邦のシーラー3つの特徴】

特徴その一、国内メーカー品の半値以下という、導入しやすい価格。
特徴その二、安心の1年保証。
特徴その三、誰でもすぐに使えるシンプルな構造。


新しく飲食店の開店をされる方、仕事が忙しくなってきたのでもう一台シーラーが欲しいという方、是非、三邦のシーラーをご検討ください!

三邦のシーラーHP⇒こちら

[PR]
by 392sealer | 2014-09-26 17:06 | タカシ日報

小城の鯉

前回に続いて、九州グルメです。

グルメレポートのようになってきました。(笑)


先日、家族でお隣の佐賀県に行ってきました。

目的は「鯉」
鯉料理というと、鯉のあらい(刺身)が一番に思い浮かびます。

大学時代を長野県で過ごした僕にとって、「鯉」といえば「佐久市」です。

「佐久市観光ガイド」のふるさとグルメ

http://www.city.saku.nagano.jp/kankou-k/taste/index.html


このグルメページをサッと見ると、

 ・甘露煮
 ・うま煮
 ・洗い(刺身)
 ・鯉こく(信州みそを使うと絶品)

ほかにも塩焼き、すずめ焼き、あら巻きなどあるようです。


今回は、佐賀県小城市で鯉のあらい(刺身)、鯉こく(みそ汁)を食べました。
地元の九州でも、まだまだ知らないところが沢山あるのだと、新鮮な気持ちになりました。


佐賀大和インターを出ると山道にはいり、突如、鯉料理店が立ち並ぶ集落が現れます。

昔ながらの風景です。


最近は、綺麗にされているけど、味わいのある雰囲気の観光地というのは減ってきているように感じます。

小城の鯉料理村は、料理の期待感を高めるような味わいある雰囲気を醸し出していました。


でも、苦い思い出が…
大学時代に、一度、鯉料理(どんな調理をされたものか、はっきり記憶してません)を食べて、2時間後に嘔吐と下痢になり、1週間何も食べられずに寝込んだ経験があります。

それ以来、鯉料理は避けてきていました。

というか、普段、なかなか鯉料理にはお目にかかれません。


そして、小城の鯉に挑戦!


c0187051_11363123.jpg

(これで二人前です)

鯉こく(刺身)は、臭みが全くなく、とても爽やかでした。



酢みそをベースに、柚子胡椒、小葱を入れたタレにつけて食べる方法が、
新鮮な鯉の刺身にピッタリです。

薄切りなので、何枚でも食べられます。
冷酒にもピッタリでした。


佐賀県小城市の鯉料理、おススメです。


合掌
次男・卓史


安価だけど高性能三邦のシーラー

仕事はかどる!三邦のシーラーでは、安価で導入しやすいアルミ製卓上シーラーも販売しています。

三邦のシーラーは、国内で約10年の販売実績があります。
安価だけれど、高性能でしっかり使えるシーラーです。


三邦のシーラー3つの特徴


特徴その一、国内メーカー品の半値以下という、導入しやすい価格。
特徴その二、安心の1年保証。
特徴その三、誰でもすぐに使えるシンプルな構造。


新しく飲食店の開店をされる方、
仕事が忙しくなってきたのでもう一台シーラーが欲しいという方、

是非、三邦のシーラーをご検討ください!

[PR]
by 392sealer | 2014-09-11 11:38 | タカシ日報
こんにちは。

9月に入り、多少天気が良くなるかなぁと期待していますが、なかなか快晴が続かない福岡です。

先週、三邦のイントラネットのメンテナンスをお願いしているMさんと夕食をご一緒しました。


凍える夏??
まずは、福岡天神のど真ん中・大名にあるキリンのフローズンガーデンへ。


数年前に電車の中刷り広告を見たときに、結構興味があったのですが、流行りものを避けるというアマノジャクな性格なので、フローズンビールを飲んだことはありませんでした。

今回、福岡で初挑戦したフローズンビール。
若者のアルコール離れ、ビール離れに歯止めを掛けようと、各社必至で取り組んでいる証拠だと思います。
c0187051_15461417.jpg

(一杯目は一番搾り生のフローズン。麦汁飲み比べが楽しく、美味しかったです)
c0187051_1549338.jpg


生ビールにシャクッ!としたソフトクリーム形状の帽子が被せられているような感じです。
家庭では飲めるものではないので、ちょっと興奮しながら1パイントを2杯飲んでしまいました。。。

そして、福岡と言えばやっぱり焼き鳥でしょう!豚バラ串でしょう!!ということで、焼鳥屋に行きました。


戦国焼鳥の開戦!
福岡には「戦国焼鳥」なる、焼鳥屋さんがあります。たぶん市内だけのチェーン店だと思います。

手始めはキリンのフローズンガーデンから、ほど近い「信長」へ。
約束通りに豚バラ串と、その他数種類を注文しました。
c0187051_15505423.jpg


ここで終わらず、更に豚バラ串を食べ比べてみようということで、今度は「家康」へ。
c0187051_1555969.jpg

(家康で注文した黒霧島のお湯割り。粋な飲み方です)

こういうちょい飲みで、二軒三軒はしごしやすいのも福岡ならではです。


福岡の夜の〆は・・・
最後はラーメンで締めないといけないという事で、屋台に立ち寄りました。

屋台って不思議です。
通りに面していて人が行き交っているのに、暖簾があるだけで、お店の中にいるような気持になります。

さらに、他のお客さんとの距離が妙に近いのです。

この日も、座ってすぐに横で一人で飲んでいたオジサンと仲良くなり、お話が弾みました。
美味しい食事とお酒、開放的な雰囲気。
福岡は、グルメと酒飲みにも、嬉しい街です。

c0187051_1556481.jpg

(奥からMさん、私、兄。さすがに酔っぱらいの表情ですが、幸せそうですね)

合掌
次男・卓史



【袋をきれいにシールすることで、商品力をアップさせましょう!!】

三邦は、仕事はかどるインパルスシーラー(ビニール袋を熱密封する機械)を販売しています。

「数は多くないけど、綺麗に密封したい。でも、インパルスシーラーって高いのでは?」
「業務用にドンドン使える足踏みシーラーが欲しいけど、高価で導入しづらい。」

シーラー機にこんなイメージをお持ちの皆様。

2003年から11年、三邦は導入しやすい安価なインパルスシーラーを、1年保証でご提供してまいりました。

導入機として定番の卓上型インパルスシーラーから、業務にもバッチリ使える足踏み式インパルスシーラーまでご用意しております。

お気軽にお問い合わせください。

[PR]
by 392sealer | 2014-09-03 16:14 | タカシ日報